So-net無料ブログ作成

相棒season11 結末の最終回のあらすじ紹介 [2013年冬ドラマ(1月〜3月)]

相棒season11 3月20日放送の結末の最終回あらすじをちょっと、、、





相棒season11 結末の最終回のあらすじのまえに、
気になる前回の視聴率をアップしておきます。
前回第18話の視聴率は、16.5%でした。
第17話の16.7%と比べると0.2ポイントのダウン。
平均視聴率は16.65%で冬の連ドラの中では
ダントツの第1位で最終回を迎えます。
最終回は2時間スペシャルです。


ってことで、、、


3月20日放送の相棒season11 結末の最終回のあらすじを紹介しましょう。


警察幹部の恩地(佐藤恒治)が自宅で変死する事件がおきる。
現場の状況から毒キノコを誤って食べた事故死と思われた。
右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)は、恩地の妻・由美子(メイサツキ)の
証言から、恩地はここ数日、夜間に誰かと電話をしていたという。


電話の相手は女性らしい。恩地の通話履歴を調べると、
国に輸出規制されている炭素繊維を扱う会社のものと判明。
その部署のいずみ(星野真里)であることを掴む。
携帯はつながらず、会社を訪ねても留守ばかり。


しかし偶然にも悦子(真飛聖)と顔見知りだったこと知り、
享は悦子にいずみと一緒に食事をする約束を取ってもらう。
一方、右京は一人で別行動し、待ち伏せしていずみから話を聞けた。
しかし、いずみは恩地のことは知らないと証言。


悦子の話では、いずみは近々結婚の予定があるらしい。
その後、恩地が単独で炭素繊維の外為法違反の捜査中だっとことが判明。
一人の刑事の死から日本企業の違法行為を暴いていく右京と享だが。。。。。。

詰め合わせ きのこセット

高知産の菌類を5種類以上 詰め合わせ きのこセット
税込840円 送料別





自画自賛!本日のイチ押しアイテム!

井上帽子謹製手織り藍染めリバーシブルハットは、
二代目井上滉氏が一目惚れした手織りと藍染めに
こだわった生地を使用した深めの帽子。
糸から染める先染めにこだわり、色落ちを考慮して
5時間以上の洗いにかけています。
染め上がった糸を手織りで丹念に仕上げた生地は、
藍本来の美しい深みのある青色が特長です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。